作業日誌STAFF BLOG #post_507

倉庫の解体作業もお任せ下さい。

no_img
本日も弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
西日本の大雨により被災され皆様、心からお見舞い申し上げます。 また、いまだに安否不明の方々もいらっしゃいます。 ご無事が確認され一刻も早く復旧されますよう心からお祈り申し上げます。
季節の変わり目に発生する梅雨前線や秋雨前線の停滞で大雨が降ることもあり、7月から10月にかけては日本に接近・上陸する台風も多くなってきます。 大雨は止みましたが、地盤が緩んでいる地域も多いのではないでしょうか。早め早めの防災行動を心がけ、もしもの為に避難準備をしておきたいです。
今回は物置の解体作業についてご紹介させていただきたいと思います。 皆様のお家には倉庫や物置などありますでしょうか?
何でも目隠しできてしまう便利な物置。いつのまにか不要な物ばかりになり、手つかずのまま放置されているご家庭も少なくないのではないでしょうか?今回のご依頼者様は事前に中の物を片付けて下さっていましたので、解体に撤去のみ作業で一時間かからない程度の作業でした。
弊社、不用品回収ピース静岡では、物置や倉庫内の不用品の回収から解体・撤退作業と一貫してのご依頼も承っております。 回収物に対しての費用は別途いただきますが、ゴミの処分や不用品の処理などお客様に一切の面倒をおかけすることなく作業させていただきます。年末の大掃除まではまだまだ先ですが、早めに整理をして落ち着いたお正月を迎えられてはいかがでしょうか?
さて、今回ご依頼いただいた解体作業なのですが、中にはご自身でされようとお考えの方もいらっしゃると思いますので、 解体・撤去についての手順をご紹介させていただきます。
◆スチール物置の場合・・・ボルトとナットの接合によって固定されています。はめ込みの箇所はありますが、溶接等はしていない物がほとんどですので、上の方から順番にばらしてください。 ◆土台(基礎)の撤去・・・大半が、コンクリートブロックの簡単な基礎が置いてあるだけですので、ブロックを撤去するだけです。 大型の物置の場合は、コンクリート製の基礎を打っている事がありますので、ハンマー等で壊していく必要があります。 ◆廃材の処分・・・上物のスチール部分は金属買取り業者が引き取ってくれる場合がありますので、トラック等で持ち込んで頂くといいかと思います。 ブロックについては、粗大ゴミとして自治体へ申し込まれて下さい。
スチールに対し無理に力を加えることで変形してしまい外れなくなってしまう場合や、 解体中に解体部分が倒れてしまい壁などの破損やケガの恐れがありますので、注意が必要です。
弊社、不用品回収ピース静岡では、不用品回収に解体作業に撤去と承っておりますので、 ご自身で不安な方はいつでもお問合せ下さい。迅速かつ丁寧な作業を心がけ、お客様に喜んで頂けるサービスを提供させていただきます。
作業日誌一覧へもどる
各種クレジットカードがご利用いただけます。VISA/JCB/ Master Card/AMEX PayPay スマホ決済はじめました! 万が一の際には損害賠償保険